お腹の肉を落としたい人がやるべきおすすめダイエットの方法!

産後にお腹が戻らなくてやばい、お腹の肉が気になる、お腹に脂肪がついてきた、とにかくお腹の肉を落としたい!このぽっこりしたお腹の肉を落とすためにやらなきゃいけないことは食事制限、運動、ダイエットサプリ?今すぐ始めるべき、お腹の肉に効くおすすめのダイエットの方法!

お腹の肉を落としたいなら睡眠をしっかりとってダイエット!

お腹の肉を落としたいなら、まずどんなダイエットをしたらいいのか悩みますよね。

 

痩せたいと思う人は、まず食事内容や運動をすることに重点をおいて考えてしまいます。

 

でも、人間にとって寝ること、睡眠はとても大切なことなんです。

 

お腹の肉を落としたいなら睡眠をしっかりとって痩せ体質へ!

f:id:koi5106:20170523113917j:plain

 

夜になると、分泌されるホルモンがあります。

 

まずは、メラトニンという睡眠ホルモンが脳から分泌されます。メラトニンは抗酸化作用や免疫力を強化する作用があり、美容や健康には欠かせません。 

また、成長ホルモンの分泌を促進します。

 

次に、代謝を促す成長ホルモンが寝ている間に分泌されて、疲れをとり体を回復してくれます。

成長ホルモンには、体脂肪が燃えやすくする働きもあります。

成長ホルモンは、眠りに入って最初の3時間の間に特に多く分泌されます

 

寝ている間には、コルチゾールというホルモンが分泌されます。

コルチゾールは、睡眠中の血糖値を一定に保つために、脂肪や肝臓に蓄えられているグリコーゲンを分解し、血液中にブドウ糖を送ります。

 

コルチゾールが分泌されると血糖値が上がり、細胞を目覚めさせていきます。

夜中の3時頃に多く分泌され、起床時に脳を目覚めさせて、体が動かせるようにします。

 

このようなホルモンの関係を考えると、ダイエットにいい時間帯もわかってきます。

 

脂肪を燃焼させやすくしてくれる成長ホルモンは、眠りについたばかりの最初の3時間に多く分泌されます。

 

体内時計の影響で、夜に眠気が起こりますので、日が変わる0時頃に合わせて寝られるといいでしょう。

 

そして3時頃にコルチゾールが分泌され、徐々に目が覚めてきます。

 

睡眠のサイクルから考えると、0時に寝たら6時頃に起きるのがおすすめです。

 

もっと早く寝ても大丈夫ですが、10時間以上寝ると自律神経が不安定になって、太りやすくなりますので注意してくださいね。

 

お腹の肉を落としたいなら睡眠をとってストレスをためず脂肪燃焼!

f:id:koi5106:20170523114138j:plain

 

コルチゾールには、脂肪をエネルギーに変える効果もありますが、睡眠不足だと、日中にも分泌されてしまいます。

 

コルチゾールが増えると血糖値が上昇し、ブドウ糖や脂肪が分解されにくくなり、太りやすくなってしまいます。

 

このように、不規則な生活を続けていると太りやすくなることがわかりますよね。

 

甘いものやスナック類を夜に食べてしまったり、たくさん食べ過ぎてしまったり。

 

その結果、肌の状態も悪くなって、ストレスから食欲がコントロールできなくなって過食してしまう。

 

体調もどんどん悪くなっていく。

 

まず、不規則な生活を改善するために、睡眠時間を確保したいですね。

 

でも、仕事でどうしても睡眠時間がたくさんとれない場合でも、睡眠の質をあげることができれば大丈夫です。

 

また、ストレスがたまることでも、コルチゾールの分泌量が増えます。

 

ストレスがたまると、コルチゾールは脳へのエネルギーを増やすために、筋肉を分解してブドウ糖に変え、血糖値をあげます。

 

しかし、ストレスに対処するために脳に必要なエネルギーを蓄えても、その全てが脳に使われずに、あまってしまいます。

 

あまったブドウ糖は、脂肪として体内に溜まっていってしまいます。

 

つまり、「筋肉が減り、体脂肪が増える」=「代謝がさがる」ということです。

 

お腹の肉を落とすために無理な食事制限や運動をしてストレスがたまってしまうと、逆に太りやすくなってしまいます。

 

ダイエットをするなら、まず無理をせず、質の良い睡眠をとってみましょう。 

 

お腹の肉を落とすための睡眠ダイエットに良くない習慣はこれ!

f:id:koi5106:20170523120115j:plain

 

睡眠をしっかりとってダイエットしたいなら、質の良い睡眠をとる必要があります。

でも、ちょっとした毎日の良くない習慣が、睡眠ダイエットの効果をさげているかもしれません。

 

  • カフェインで睡眠の質を下げない

コーヒーなどに含まれるカフェインには、覚醒作用や利尿作用があるので、寝付きが悪くなったり、夜中の尿意で睡眠中の覚醒が起きやすくなります。 

カフェインの作用は4~5時間継続すると言われています。

ですから、寝る前の4~5時間以内にはカフェインをとらないように気を付けましょう。

できれば、夕方以降は飲まないほうがいいです。

 

  • 寝る前にテレビやスマホは見ない

テレビやスマホなどのディスプレイに使われているブルーライトは、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を抑えてしまいます。 

ですから、なかなか寝付けなくなったり、眠りが浅くなってしまいます。

 

  • 寝る直前には食べない

睡眠の直前に食べてしまうと、エネルギーとなるブドウ糖が血液中にたくさん残っていることになります。 

すると、睡眠中に脂肪を分解してエネルギーに変える必要がなくなってしまいます。 

エネルギーに変えられなかった脂肪は、体に吸収されてお腹に肉がつきやすくなる原因になります。  

ますます、お腹の肉が落としにくくなってしまいますよ。 

 

 

質の良い睡眠をとってダイエットするには、普段なにげなくしている習慣を変える必要があるかもしれません。

 

お腹の肉を落としたいなら質の良い睡眠をとってダイエット!

いかがでしたか?

 

質の良い睡眠をとるだけで、脂肪が燃焼されやすくなり、美容や健康にもいいんですよ。

 

人間にとって、食べること、寝ること、動くことは基本的な行動です。

 

この3つがしっかりとできていれば、ダイエットがしやすくなりますよ!

広告を非表示にする